ストーリー

Destination Everywhere:シンガポールインバウンド

私たちは前夜遅く、タイ南部のマレーシアとの国境近くにあるハットヤイ空港で待ち合わせた。翌朝、国境から出発し、マレーシアを6日間縦断した。最終目標:シンガポールのPas Normal Studiosフラッグシップストア。距離は1100km。メニューは、高速道路の平たんな区間、素晴らしい食事、鬱蒼とした熱帯雨林、高温、大雨、そしてマレーシアの山脈。

写真:ジェレミー・フーパー

1日目:タイ国境→ペナン

150km + 1306m

国境を出発し、ゲライ山のふもとまで速いペースで走行した(10km、10%)。気温は30度後半を記録し、ペナンに到着した午後は激しい雨に出迎えられた。

2日目:ペナン→イポー

170km + 465m

大雨で目覚めると、重ね着をし、この旅で最も平たんなステージであるペナンを後にした。明日に迫った山岳を前に、暖かく湿ったトランスファーステージ。

3日目:イポー→タパー

155km + 2273m

イポーを出発し、キャメロン高地に向けて45km登り、昼食を取り、頂上で再集合した。食事中に雨が降り始めたため、タパー方面の旧道ではかなり慎重に長い坂を下ることになった。

4日目:タパー→クアラルンプール

150km + 1100m

暑くてあっという間の一日で、交通量の多いクアラルンプールの高速道路を走り、夜の宿に向かった。

5日目:クアラルンプール→マラッカ

190km + 1701m

この旅で最も過酷な一日だった。一日中なだらかな丘陵地帯が続き、気温は高く、体は疲れ切った。

6日目:マラッカ→シンガポール

265km + 671m

最終段階では、国境に間に合うよう早めに出発することが最も重要だった。朝の早い時間でかなり進み、午後遅くには店に到着し、疲れてはいたが幸せで、祝福の時間に間に合った。